久し振りに夕食を回転寿司で済ませ美味しいものを食べた満足感と満足感で幸せなひと時を過ごしました

久し振りに夕食に寿司でもと言うことになり一皿100円の回転寿司へ出かけました。休日には昼も夕方もお客さんが一杯で、順番待ちをしなければならないほどです。ところでコンベヤーに乗って出てくる回転寿司で何時も気になるのが、注文品が自分の所へ来るまでに一度は必ず誰かに取り去られていることがあるということです。自分の前を流れていく美味しそうなネタを見て、思わず手を伸ばしたものと思われます。確かに私にもコンベアーに乗って回っている美味しそうなネタの寿司を見ていると、つい手が伸びてしまいそうになった経験があるのですから、手を伸ばしてしまった人の気持ちもよく分かります。それにしても、大人も子供さんも回転寿司での食事が好きですネ。回転寿司の魅力は、何んと言っても自分の好きなものを安くしかも短時間で味わえると言うことが一番でしょう。それと今では子供さんに喜ばれるショートケーキ、プリンなどのサイドメニューの充実されており、中には寿司やさんとは本来無縁だったはずのラーメンなどのメニューも追加されています。ファーストフード業界も商品の多角化を図らねばやっていけない時代になっているのでしょうネ。今日も妻と二人で回転寿司での夕食を済ませ、美味しいものを食べた満足感と満腹感で幸せなひと時を過ごしました。

そんな事に体力を使うぐらいなら、楽な方を選びます

最近カノジョと喧嘩して、それが過去に母親と喧嘩した時の雰囲気とよく似ているな…と思って気が付いたんですけど。
「許す」って、ものすごく体力が要るよな…と思いました。

まず、カノジョも母親も、喧嘩になったら…というか、僕を怒らせるような事をして、僕が怒ったり無視したり冷たい態度を取ったりすると、「許して」って言ってくるんですよね。
それは人間として当たり前かも知れないんですが、ただ「許して」と言うだけで、怒った原因…大体、約束を破ったり、信頼を失う系が多いですね。その信頼を取り戻せてない状態で言うから、こっちとしては赦せないんですよ。
それを伝えて、次に出る言葉は「すぐには難しいけど、変わるから」と。
で…ここからが体力を使う部分。
「変わっていく姿を見て欲しい」
って。
…信頼していない、出来れば距離を置きたい人間を、わざわざ観察しろと。
どこまで自己中なのかな…。
それが面倒臭いから、別れたいんですけど…。http://thecw.co/