もう学生に間違われるのも恥ずかしい気がする

先日、休みの日に、職場の近くにあるジムの体験レッスンに行ってきました。
以前からジムには行きたいなと思っていたのですが、時間的な余裕がなくて、ずっと先延ばしにしてきていました。
ただ、最近は仕事もひと段落して落ち着いてきている感じがあるし、話を聞いてみるだけでもいいかなという気持ちで体験レッスンに申し込んでみました。
職場の近くを選んだのは、あまり自宅に近すぎると、仕事帰りに寄らずに帰ってきてしまいそうだからです。
しかし、オフの日はもちろん服装がカジュアルなので、ジムの受付の人に学生さんだと間違えられてしまいました。
「職場がこの近くなんですよ」と言うと、びっくりされてしまったんですよね。
よく学生に間違われたりすることはあるのですが、もういい年になるわけだし、そろそろ恥ずかしくもなってきます。
別に意図的に若く見せようと思っているわけではないのですが、どうしてもそうなってしまうみたいです。
だからといって老け顔に見せるというのも変な感じがするのですが、せめて年相応の雰囲気というのは身に付けたいものです。

何故か精神的に辛くなると無性に京都に行きたくなる

そうだ京都に行こう!というどこぞの企業の宣伝文句の如く、精神的に病んでくると何故だか私は旅に出たくなる。

しかも、その宣伝文句にのせられたかのように京都方面に行きたくなるのだ。

東名高速道路、新東名高速道路を車で走るのが好きという噂もあるが、夜な夜な車を飛ばして旅に出たくなる。

◯◯寺に行きたい。とか、◯◯神社に行きたい。とかそんな理由ではなく、あの独特の街の雰囲気が好きなのだ。
車でただただ京都の街を走っているだけで何故か心があらわれるような気がするのだ。

やはりあの街には何かあるに違いないと勝手に思っている。
だって、何か強いものがあるから昔の偉い人はあそこに都を築いたのだろう。最強のパワーが集まっているに違いない。

スピチュアルとかパワースポットとかにはまったく詳しくないが、とにかく私はあの街に行くとすーっと気持ちが楽になるのだ。本当に不思議なくらい落ちつくのだ。浄化ってこういうことなんだろうな?と思う。

本当、大好きでたまらない京都。でもまだ冬の京都っていったことないんだよなー。近々行ってみようかな?なんて思っているところなのであーる。キレイモ 初月0円